未成年がお金を借りる事は出来るかできないか

未成年でもお金が必要となる事があります。 誰からも借りる事が出来ない、親も出してくれないという時は金融機関からお金を借りられないかと考える物です。 では、未成年でも金融機関はお金を貸してくれるのでしょうか。 結論から言えば、お金を借りる事は不可能ではありません。 例えば社会人として働いている場合は、安定した収入が期待できます。 また、18歳以上ならば良いという金融機関も実際にあるのです。 しかし保護者の同意が必要となる場合もあるので、親に内緒で借りる事は難しくなります。 もっと簡単に融資すると宣伝している所もありますが、出来るだけ安全に利用する為にも大手と呼ばれるところを利用する方が得策です。 さらにコンスタントに返済できるかどうか分からないので、キャッシングの場合も融資限度額がかなり下げられてしまう可能性も否定できません。 時には10万円程度となる事もあります。 沢山借りようと思っても、自分の希望額までの借り入れは出来ない事があるので注意しましょう。 また、キャッシングは便利ですが、使い過ぎは良くありません。 無理のない返済計画を立て、滞納しないようにする必要が有ります。 万が一滞納してしまった時は、同意した保護者に返済責任が発生するので注意が必要です。 (保護者の同意がない場合、書類を子どもが偽造した場合はまた変わって来ます)しかし年齢的には未成年といっても、結婚している人は法律上は成人と同じ義務・責任が発生します。 お金を借りる事は出来ますが、年齢を理由に免除される事はないので注意が必要です。

▲pagetop