18歳以上の学生ならお金を借りることができる

キャッシングは原則20歳以上を融資の条件としています。 つまり、学生でも20歳以上ならお金を借りることは不可能ではありません。 その上で、安定した収入を持っている必要がありますので、学生でも社会人など社会的立場に限らず、20歳以上でも収入がない人は融資を受けることはできないので注意しましょう。 この場合の収入源はアルバイトでも可能です。 また、原則20歳となっていますが、金融会社によっては18歳から融資可能としている会社もあるため、未成年でも融資を受けることができる可能性があります。 ただし未成年に融資を行う場合は、保護者の同意書が必須となりますので、親に内緒で借りるというようなことはできません。 もしも親の同意なしに契約をした場合、その契約は無効、借りていたお金があったとしても返済する義務は生じないことになっています。 そのため、金融会社が親の同意なしに融資することはあり得ないでしょう。 また、もちろん契約者本人が収入を得ているという条件も忘れてはいけません。 ちなみに、社会人と比べると収入が安定していないことから通常のキャッシング即日融資に申し込んでも審査が厳しく通過できる可能性はあまり高くないので、もしも申込みをするのなら審査基準を低めしてある学生キャッシングを選んで申し込みをすることです。 審査の基準が緩め何に加えて、金融会社によっては利息負担が大きくならないように金利を優遇してくれていることもあります。

▲pagetop