パートでもお金を借りることは可能です

お金を借りるには、返済能力がなければなりません。 返済能力とは借りたお金に利息を付して、分割払いで継続的に返していける能力をいいます。 返済能力の有無やその程度は、審査によって判断されます。 審査では収入や勤務先、雇用形態や資産状況、既存の借入状況などをチェックされます。 この点、雇用形態でいえば、突然の解雇のリスクが少なく身分が保証された正社員が有利になります。 フルタイムで働くため、収入も比較的多く、安定した継続的な収入が得られます。 一方、パート勤務の場合は労働時間が少なく、月々の収入も少なめのうえ、勤務先の経営状況によってはリストラされるリスクも少なくありません。 そのため、正社員に比べると返済能力は低いと判断されます。 ですが、全く借りられないわけではありません。 その収入状況や、持ち家などの資産の有無や預貯金額の大きさによって、少なからず借り入れが可能なのです。 特に、現在返済中の借り入れが他になければ、審査はより通りやすくなります。 ただし、貸金業者の場合は年収の3分の1までしか借り入れができないという総量規制が適用されます。 そのため、パート勤務で収入が少ない場合は、自分が希望する金額が必ずしも借りられません。 しかし、審査により設定された利用限度額の範囲内ではキャッシングが可能になるので、パートだからとあきらめず、とりあえず申し込みを行ってみることが重要です。 また、女性の場合は女性専用のキャッシングする方法などを利用することで、スムーズにお金を借りることができます。

▲pagetop