金額別、消費者金融からお金を借りるコツ

消費者金融で借りるには、申込者ごとに個別に返済能力を審査し、利用可能額が決定されます。 利用可能額は申込時に希望した額が通ることもありますが、返済能力が低いと判断されればその金額を下回るケースや、一切借りられないケースもあります。 利用可能額は消費者金融ごとに決められており、多くの業者では10万円以上10万円単位で、最大は300万円または500万円程度となるのが一般的です。 中には50万円単位といったところもあります。 金額別に確実にお金借りるには、単に借りたい額を希望するのではなく、自分の収入や雇用形態等からみて、どのくらいなら借りられるかを考えることがポイントになります。 たとえば、年収が100万円なのに、収入額を上回る300万円を希望しても審査が通らないというのは予測がつくところです。 消費者金融には貸金業法という法律により、総量規制というルールが適用されます。 これによれば、年収の3分の1を超える借入れはできません。 そのため、年収の3分の1を超えない範囲で金額を考えるというのが1つの目安になります。 たとえば、年収が100万円なら、30万円程度までに抑えることが1つの目安になります。 逆に300万円を借りたいなら、年収は少なくとも900万円以上あることが求められます。 また、この規制は全ての貸金業者で合算されるため、既に他の業者で借りている場合には、その利用可能額も含めて考えなければいけません。

ポイントカードを利用するメリットとは

ポイントカードを使用すると、買い物のたびにポイントが付加されて、お買い物がお得になります。 クレジットカード、クレジットカードに似ているカード、紙でできた簡易的なカードがあり、専用のポイントカードも存在しています。 ポイントを貯めると現金の代わりとして使えるものが多く、1ポイント1円とするのが普通です。 クレジットカードのポイント還元率とは、購入金額に対して付加されるポイント割合のことで、還元率1%の場合ですと、1万円の購入に対して100円が還元されます。 1年に30万円のカード決済をする方ならば、3,000円のポイントが貯まりますので、1回のランチ代くらいにはなるでしょう。 ポイントカードのポイントには、有効期限が設定されていることがあるため、カード契約の前に確認しておきましょう。 カード枚数が増えすぎると管理が大変になり、うっかり失効が多くなってしまうので注意が必要です。 無難に管理できる枚数は2〜3枚と言われているため、不要なカードは解約したほうがいいでしょう。 カード枚数が多いとポイントが分散されて、貯まりにくくなるデメリットもありますので、できれば所有枚数は2枚、多くても3枚にしておきたいものです。 複数枚を所有するときは、1枚をメイン、その他をサブとして考えましょう。 クレジットカードの場合は、ポイントをネットショップのポイント、マイレージと交換するなど、用途が広くなっております。 カード契約をする前に、ポイントを何に使えるのか確認しておきましょう。

▲pagetop