インターネットでの即日融資を実現した当日振込みと便利な振込キャッシング

消費者金融のキャッシングサービスでは、申込んだその日に融資を受ける事が出来る即日融資サービスを行う所が増えています。 こうしたサービスを最速で利用出来るのは、自動契約機です。 自動契約機では早ければ40分で契約が完了し、カードが発行されます。 これも一つの即日融資の形ですが、近年盛んに宣伝されている即日融資とは、自動契約機での契約を主眼においたものではありません。 インターネットからの申し込みで即日融資を受けられるサービスが、その主眼となっているのです。 しかし、インターネットで契約の申し込みをする事が出来ても、カードの発送には郵送が必要となります。 こうした事から、インターネットでの即日融資は不可能なのではないかと思う方もおられるでしょう。 ですが、大手消費者金融ではこうした利用者がカードを受け取るまでのタイムロスを解消する事に成功しています。 そのタイムロスを解消した方法とは、当日振込みです。 カードの発行を行う前に指定した銀行口座に振込みを行う事で、インターネットで完全な即日融資を実現したのです。 また、多くの消費者金融では、カード取得後もインターネットで口座への振込みを依頼出来る即日融資でお金を借りたい方へ.comでお金を借りるサービスを行っています。 このサービスの特徴は、最速で銀行口座にお金を振込んでもらえる点にあります。 例えばローンの引き落とし日の前日に口座にお金を入れる事が出来ない場合などに、このサービスを使えば素早く口座にお金を補充する事が出来るのです。 この様に、近年の消費者金融ではインターネットでの振込みを使ってサービス向上を実現しています。

他社借入件数が審査に影響してくる

キャッシングにおいて他社借入件数が審査に影響します。 これからD社のキャッシングに申し込みをしようと思っている場合、すでにA社、B社、C社のキャッシングも利用していると、このA、B、C社がD社にとっての他社借入件数になります。 大手消費者金融では、一般的に借入件数3社が限界とされており、4社目の申込みになると審査が厳しくなるとされているので注意しなくてはなりません。 というのも、借入件数が多いほど返済する額も多く、仮に融資してもきちんと返済してもらえるだろうかという心配が残りますので、そういった不安を抱えたまま融資をしてくれる金融会社はないと考えるのが普通です。 もし、この問題を解決して融資を受けたいと思うのなら、複数の借入件数を1社にまとめるという方法があります。 たとえば、A社、B社、D社から借金をしている場合、この債務を全てD社でまとめてしまうことができるのです。 まとめる件数は債務者に任せるため、A社とB社のみをまとめてC社はそのまま残すという方法をとっても構いません。 すべてまとめれば借り入れ件数はD社の1社のみ、A社とB社をまとめると借入件数はC社とD社の2社のみとなります。 ただし、総量規制の制限もあるため、いずれにしても年収3分の1を超える借金を抱えている債務者には法律上、融資することを不可能としています。 つまり、年収500万円の人なら約160万円以上の融資はできないということですね。 これは基本的な知識として覚えておきましょう。

▲pagetop