楽天銀行のローンの申し込み方法とその条件や他の情報を調べる

ネットバンクでも大手と言われる楽天銀行ですが、カードローンを作成するにあたっての申し込み方法とその条件を列挙してみます。 楽天スーパーローンは限度額が200万までOK、収入証明書が原則不要となっております。 また年利も4.9%からと低めの設定です。 入会金や年会費は無料、申込書や契約書の記入や郵送は一切不要で作成可能となっております。 おまとめローンやローンの借り換えなどの相談も、受け付けています。 まず、申し込み方法はインターネットから必要事項を記入して送信して、最短即日で審査結果が出る仕組みになっています。 免許証や保険証、パスポートや住基カードのコピーなどをネットから送信するか、郵送するかしてカードが発行されます。 この時に、振り込みも可能になります。 申込日から融資までの時間は、申込日の翌日となっています。 借入限度額は500万円で、契約期間は12か月です。 お金借りたい方が気になるお金の借り方は口座に直接振り込まれるか、ATM/CD(提携金融機関)を利用して引き出すか、ネットによる入金の依頼やコンビニエンスストアに設置のATM/CD等を利用する方法があります。 返済方法は残高スライドリボルビング式です。 また、借り入れできる条件として満20歳〜満60歳で原則として返済能力のある方であり、担保や保証人、保証料は不要です。 楽天銀行は楽天系列のポイントもつきますので、借りたらお得な仕組みになっています。 他のカード会社とは異なるサービスがついているのも、魅力になっています。

楽天銀行の歴史とその特徴について

楽天銀行は、三木谷浩史氏で有名なインターネットショッピングサイト「楽天」の100%子会社のネットバンクです。 前身は日本国内で2番目のネットバンクとして2001年7月に誕生したイーバンク銀行であり、2008年9月に楽天と資本・業務提携を経て2010年5月より楽天銀行株式会社と商号を改めることとなりました。 ネットバンクとは、いわゆる都市銀行、地方銀行などの従来型の銀行と違い、実店舗(窓口)や営業行員数を最小限に抑え、インターネット上から預金管理や金融商品の取引を行う金融機関です。 その為、通常の銀行で得意とする企業への融資はあまり行なっておらず、金融取引に伴う手数料を主な利益とする収益構造となっています。 ネット銀行は順調にその規模が拡大傾向にありますが、その中でも楽天銀行は2013年12月には預金残高が1兆円を超え、ネット銀行国内大手としての地位を着実に築き上げています。 また、開業時より同行間の振込手数料を無料としている点と、"楽天経済圏"とも呼ばれる楽天グループの形成するビジネスモデルの一環として、楽天ポイントプログラムに提携している点が特徴的です。 なお、実在する支店を持たないため、その支店名は地名ではなく、「ジャズ」や「ロック」、「サルサ」などの音楽ジャンルを支店名にしています。 楽天グループの成長と共に、次々新しいサービスを打ち出しており、今後の展開が楽しみなネットバンクといえるでしょう。

▲pagetop