消費者金融でお金を借りる条件は二つある

お金が必要になるときは、人生で何度もおとずれます。 いざというときにあわてないためににも、消費者金融に関する知識はある程度あったほうがいいでしょう。 基本的な知識として、借入をすることができる人の条件を学んでいきましょう。 消費者金融と借入をするひとの間では絶対的に信頼関係が必要になります。 全く信頼ができない人にお金を貸そうと考える人はいないからです。 条件は二つあります。 一つ目が、年齢が20歳から65歳までであるということです。 成人をしていない人にお金を貸すことは禁止されているからです。 また、65歳をこえると仕事をしていない人が多く、年金で暮らしているからです。 二つ目の条件が安定した収入があることです。 これは、働いていて一定の収入をもらっている人と解釈をしましょう。 審査基準は企業によって異なるので、一概にどれくらい稼げばいいかはわかりません。 しかし、学生でもフリーターでもパートでも借入ができることを考えれば、数万円程度稼いでいれば即日融資でお金を貸してくれるのです。 しかし、返済能力が正社員よりは劣るため、正社員よりも借入の限度額は低く設定されてしまいます。 このほかにも必要書類の提出を求められる場合があります。 絶対に必要になるのは、本人確認書類です。 顔写真付きのものなので、運転免許証が一般的です。 もっていないひとは、学生証でも可能です。 借入限度額が50万円を超える場合には、収入証明書も必要になるので注意しましょう。

どこで申し込む?クレジットカードのジャンルとは

クレジットカードには提携カードというのがあり、クレジットカード会社が独自に発行するもの以外に、様々なジャンルがあります。 たとえば、スーパーやデパート発行のもの、航空会社発行のもの、コンビニや家電量販店、ショッピングモールをはじめ、各金融機関や専門店など、それぞれのお店で独自のカードを発行しています。 こうした提携カードにおいては、その申込先以外のお店では利用できないと思われる方が少なくありません。 ですが、そんなことはなく、たとえば、デパートで申し込んだカードで、系列外のスーパーでも使えますし、エステサロンや飲食店のサービスや旅行代金の支払いなど、一般的なカードと同様に幅広く利用が可能です。 どのクレジットカードも、ショッピングやサービスの購入に使える決済機能と、キャッシング機能などが付くのを基本として、ジャンルごとの独自のプラスアルファサービスが付けられます。 プラスアルファのサービスというのは、たとえば、入会時に一定額のポイントがプレゼントされたり、そのカードを使って買い物するとお店のポイントが2倍付保されたり、ポイントが貯まったときにそのお店の商品やサービスと交換できるといったものです。 頻繁にそのお店を利用される方や、そのお店の商品やサービスがお気に入りという方には、嬉しいサービスではないでしょうか。 また、スーパーや量販店などのカードの中には、よく利用する顧客対象であることから、専業主婦や学生など収入がない方でも申し込めるケースもあります。

▲pagetop